ハウスメーカー選びに疲れたら。ハウスメーカー迷子の解決法を解説!

ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

住友林業と家づくりをしている現役の施主です。突然ですが注文住宅での家づくりで一番重要なことってなんだと思いますか?

私たちが打ち合わせなどを行なってみて情報をしっかり調べることだと感じました。

そんな思いから家づくりをしてみてナマで感じて得られた

  • ハウスメーカーでわかりにくいなと思う情報
  • 注文住宅を建てる上で役立つ情報

をハウスメーカーの営業さんとは違い、実際にハウスメーカーで住宅を建築中の施主側からまとめていきます。

ぜひご覧いただき、しっかりと情報を得て準備を行いましょう!!

流れを知っておくと事前の準備ができます。

あなたはハウスメーカーを検討しすぎてよくわからない状態になったことはありませんか?実はハウスメーカーをたくさん検討していると施主に必ず起こってくる現象があります。

いわゆるハウスメーカー迷子状態です。

これはハウスメーカーを数多く検討すると、どこのハウスメーカーもいい気がするし、どこのハウスメーカーがいいか分からない!!と迷子になってしまうということです。17社以上検討した私たちもまさにそうでした。

私たちも完全に迷子状態でしたね….(笑)

ハウスメーカー迷子状態に陥るとハウスメーカー選び自体に疲れてしまって、家づくり自体が楽しくなくなってしまいます。

家づくりはハウスメーカーを選んだら終わりではなくむしろそこからが実は家づくりの始まりです。

ということで今回はそんなハウスメーカー選びに疲れてしまった人へ、私たちがどうやってハウスメーカー迷子状態を脱出したか?について解説します。

ハウスメーカー選びに疲れて家づくりが億劫になる前にぜひ最後までご覧ください!

この記事のまとめ
  • ハウスメーカー迷子状態とはどういう状況か解説しなぜハウスメーカー迷子になってしまうか解説します。
  • ハウスメーカー迷子になるとなぜよくないかを説明します。
  • 次にどうやってハウスメーカー迷子から脱するか解説します。
  • 最後に私たちのハウスメーカー迷子の脱出方法を実体験をもとにお話しします。

では早速いきましょう!

この記事を書いた人
BLF family

<プロフィール>

  • 17社以上のハウスメーカーを検討、7社以上打ち合わせ
  • 住友林業と契約し”子どもと楽しく過ごす家”を建築中
  • 家づくりブログをハウスメーカー検討から200記事以上公開
  • ハウスメーカーでも目指せる高断熱住宅を目指す
  • ハウスメーカーを検討した経験からコツを配信
目次

ハウスメーカー迷子(住宅迷子)とは?

まずハウスメーカー迷子(住宅迷子)はどんな状態かご存知ですか?

これは

ハウスメーカーを検討しすぎた結果、逆にどんどん迷子状態になってしまう状態

です。検討をしているのにどんどん迷子になるって本当にあるの?と思われるかもしれませんが、ハウスメーカーを検討していると必ずと言っていいほど陥ってしまいます。それはある原因があるからです。

ハウスメーカー迷子の原因

ハウスメーカー迷子になってしまうのか?自分たちの経験から考える原因は3つあります。

  • ハウスメーカーの営業さんが基本的に自社が一番いいというデータを見せてくるから
  • ハウスメーカーの営業さんに感情移入してくるから
  • YouTubeやブログなどで様々な情報に触れてしまうから

理由1.ハウスメーカーの営業さんが基本的に自社が一番いいというデータを見せてくるから

まずはハウスメーカー営業さんの営業トークが原因となります。実は複数の営業さんと対峙してしまうと、営業さんたちがそれぞれ営業トークを繰り広げるため、かえって混乱してしまいます。

各ハウスメーカーの展示場にいけばわかりますが、各ハウスメーカーともに

耐震は我が社が一番です!!

という感じで自分たちのハウスメーカーが一番になるような見せ方をしています。

それが1社ならそうかな?と思うと思いますが各社が『我が社が一番です!』と言ってくるため

ん、、結局どこが一番なの?

と分からなくなってしまいます。これが1つ目の理由です。

理由2.ハウスメーカーの営業さんに感情移入してくるから

続いての理由は感情移入してしまうということです。

ハウスメーカーとの打ち合わせでは営業さんにたくさん労力や時間を割いてもらうことになります。ただ、営業さんたちに割いてもらって時間などに報いることができるのは=契約することのみです。

つまり、営業さんに感謝すればするほど納得していなくても契約したく(てあげたく)なってしまいます。ただ、それは本質的に良い家ができる契約と離れていってしまう可能性もあります。

あの営業さん良くしてくれてるし契約しないと悪いな〜

となります。

また、契約前良くしてくれる営業さん=良い営業さんとも言えません。なぜなら釣った魚には餌をあげないタイプの営業さんも混じっているからです。

世話を焼いてくれた営業さんよりはプロジェクトリーダーとして頼りになる営業さんを見つける必要があります。

理由3.YouTubeやブログなどで様々な情報に触れてしまうから

そして最後の理由は検討すればするほどYouTubeやブログなどで情報に多く触れるからです。

特にYouTubeは、

〜するべし!〜は絶対するな!

というような断定している情報発信も目にすることがあり、そういう場合はさらに迷いが深くなります。

基本的にはブログやYouTubeの話についても話半分で聞くようにしましょう。

世の中で断定した表現が使えるものは多くはありません。
太陽光一つ挙げても、のせるの賛成派の人、のせるの反対派の人など様々です。正解はありません。

どんな話も信じすぎは良くありません。

以上がハウスメーカー迷子になってしまう原因でした。なるほどって感じですかね?😊

ハウスメーカー迷子状態になるとなんでダメ?

ではハウスメーカー迷子になると何がいけないのでしょうか?これも3つ大きくあると思います。

  • 家づくりが楽しくなくなる
  • 結局本質を間違えてしまう
  • 時間がとにかくかかってしまう

良くないところ1.家づくりが楽しくなくなって疲れてしまう

まずはハウスメーカーを探すことに疲れてしまうと、家づくり自体が楽しいものではなくなってしまいます。

家づくりは人生で一番大きな買い物!と言われるくらい人生においてのビッグイベントです。

そんな家づくりが辛いものになってしまってはもったいないです。

なので出来るだけ早くハウスメーカー迷子状態を脱して、契約後の打ち合わせに移行して方がいいと思います!

実際契約前の打ち合わせでどれだけ詰めてお話ししようとしてもある程度のところ以上は難しくなってくるので、やはり契約しないと深い話はできません。

そしてその深い話こそ家づくりの醍醐味なのかな?って思います。

契約後の打ち合わせに向けてここを頑張りましょう!

良くないところ2.結局本質を間違えてしまう

続いては本質を見誤ってしまうということです、

家づくりにおいて一番大事なことは、家族の暮らしに一番あった家を建てることです。ただハウスメーカーを検討しすぎるとそれがどんどん

  • 営業さんにお世話になったから。などからハウスメーカーを決めようとする
  • 値引き額が大きいハウスメーカーにする!

など横道に逸れていきます。それでは本質的ではありません。自分たちが注文住宅を検討し始めたときに立ち戻ってしっかりと自分たちが求める暮らしを振り返りましょう

良くないところ3.時間がとにかくかかってしまう

最後はとにかく時間を浪費してしまうということです。

ハウスメーカーとの打ち合わせは2時間以上あることが多いです。それを複数社繰り返すことで時間をとにかく使ってしまい、疲れてきてしまいます。

可能性がないハウスメーカーを早めにお断りすることは、施主にとっても、営業さんにとってもメリットが大きいと思います。なので迷子状態を脱して早めに自分たちの本命のハウスメーカーだけに絞っていくことが重要です。

始めは広く、その後は狭く深くね!

ハウスメーカー迷子から脱する方法

ではこんなに悪いことが多いハウスメーカー迷子状態から脱するには何をしたらいいのでしょうか?

私たちの経験から

ハウスメーカー迷子から脱するためには情報を整理することが大切です。

具体的には

  • 自分たちが大切だと感じてるところはどこか?(コンセプト)
  • 実際検討しているハウスメーカーが、どこが飛び抜けて魅力的か?

を整理する必要があります。

自分たちの大切だと感じいるところはどこか?

家づくりは、性能(耐震、断熱など)、営業さん、外壁材、補償、価格、設計担当などが複合的に組み合わさっています。

なのでそれぞれの中で自分たちが何を一番重視しているか?を考えることが重要です。

それは家のコンセプトとも言えるかもしれません。

例えば、家の性能を極限まで高くした快適な家がいい!と思っている場合は一条工務店を除いて右に出るものはいません。

ただ、快適性はほどほどでおしゃれさを求めているのであれば、住友林業や積水ハウスがいいのかもしれません。

そんな形で自分たちの作りたい家をお願いするのにマッチしたハウスメーカーに立ち返る必要があります。

ハウスメーカーの営業さんに聞くと、
『うちでもできますよ!!』といってくると思いますが、ハウスメーカーごとに向き不向きはあります。

今時どこのハウスメーカーでも自分たちの得意じゃないところのこともある程度はできます。

一条工務店でもおしゃれな家を作ることはできるし、積水ハウス、住友林業で性能がある程度高い家を作ることもできます。

ただ、自分たちが一番重要と思っている部分は得意じゃないけどできる程度だと後から後悔することもあるので、まずは自分たちの希望にあったハウスメーカーを選定することにフォーカスすることが重要です。

実際に検討しているハウスメーカーが、どこが飛び抜けて魅力的か?

そしてある程度自分たちの希望を叶えてくれるハウスメーカーを絞って検討しているけど迷っているという方は

項目ごとにハウスメーカーのどこにどれくらい魅力を感じているかを書いてみると良いです。

最後まで検討で残っているハウスメーカーはどこかしらに他社より魅力を感じている部分があります。それをしっかり書くことで整理します。

項目としては例えば

  • 耐震
  • 断熱
  • 営業さん
  • 外観のおしゃれさ
  • 内観のおしゃれさ
  • 補償
  • 価格
  • 設計担当

などです。それぞれについて例えば10点満点でどれくらいかを各社整理してみるのも効果的な手法かなと思います。

実際に書いて客観視することで気づけなかった気づきがあることもあります!

自分たちの実践方法

そして最後に私たちはどうやって住宅迷子から脱出したかについて紹介します。

それは上でも紹介した表にまとめてみる方法で客観視して、夫婦で徹底的に話し合ったという方法です。

これにより本命の3社を絞り込んでそこから徹底的に夫婦で話し合い、最終的に住友林業に決定しました。

表にする前は打ち合わせをすると

やっぱり〇〇はいいな〜

と直前に打ち合わせしたメーカーがいい気がしたりして迷子状態でした。

ただ、表にしてみると一目瞭然で自分たちが本当に魅力を感じているハウスメーカーを知ることができたので、そこからは迷子になることなくハウスメーカーを決めることができました!

ハウスメーカー選びに疲れた、ハウスメーカー迷子状態の方はぜひ実践してみてくださいね!

しっかり数字として出てくるのでわかりやすかったです!

まとめ

今回はハウスメーカー選びに疲れて迷子状態になった方に向けて、

なぜハウスメーカー迷子が良くないのか、その原因と解決法についてまとめました。

私たちもハウスメーカー迷子になったからその気持ちはとても良くわかります。

対処法としては営業さんの言葉を全て鵜呑みにせず、話半分で聞いておくことをお勧めします。せっかく打ち合わせをここまで頑張ったので、最後まで後悔のない選択ができるように後少し頑張ってみましょう!

また値引きについても記事でまとめているのでこっそり見てみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございます。私たちは自分たちも参考にしていたブログ村のランキングに参加しています!この記事が参考になったよ〜という方はぜひ下の応援をクリックよろしくお願いします😁

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる