やめたほうがいいハウスメーカーの特徴3選を紹介

ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

住友林業と家づくりをしている現役の施主です。突然ですが注文住宅での家づくりで一番重要なことってなんだと思いますか?

私たちが打ち合わせなどを行なってみて情報をしっかり調べることだと感じました。

そんな思いから家づくりをしてみてナマで感じて得られた

  • ハウスメーカーでわかりにくいなと思う情報
  • 注文住宅を建てる上で役立つ情報

をハウスメーカーの営業さんとは違い、実際にハウスメーカーで住宅を建築中の施主側からまとめていきます。

ぜひご覧いただき、しっかりと情報を得て準備を行いましょう!!

流れを知っておくと事前の準備ができます。

みなさんはハウスメーカー選びに悩んだことはありませんか?ハウスメーカーがどこばいいかわからない….と思うことはありませんが?

かくいう私たちもハウスメーカー選びに迷いに迷ったため17社以上を検討してしまいました

検討していても違いがあまりわからない..

そして検討すれば検討するほどよくわからない迷子状態となってきたこともあります。

そしてその経験から感じたのは、ハウスメーカーと一言でいっても大手ハウスメーカーと言われる上場企業から地域密着型のハウスメーカーまで様々な種類があるということでした。

そして色々検討していくなかで、『このハウスメーカーは辞めておいた方がいいかな〜』と思うハウスメーカーの特徴がなんとなくわかってきました。

ということで今回は私たちの経験をもとにやめておいた方がいいハウスメーカーの特徴3選を紹介したいと思います。

この記事のまとめ

辞めておいた方がいいハウスメーカーの特徴は

  • 気密性、断熱性を明言していないハウスメーカー
  • 耐震等級3じゃないハウスメーカー
  • twitter,ブログなどで評判が良くないハウスメーカー

その理由について解説します。

では早速解説していきたいと思います。

この記事を書いた人
BLF family

<プロフィール>

  • 17社以上のハウスメーカーを検討、7社以上打ち合わせ
  • 住友林業と契約し”子どもと楽しく過ごす家”を建築中
  • 家づくりブログをハウスメーカー検討から200記事以上公開
  • ハウスメーカーでも目指せる高断熱住宅を目指す
  • ハウスメーカーを検討した経験からコツを配信
目次

辞めておいた方がいいハウスメーカーの特徴とは?

ということで様々なハウスメーカーを検討した私たちが思う、独断と偏見の辞めておいた方がいいハウスメーカーの特徴について早速紹介していきたいと思います。

それは

  • 気密性、断熱性を明言していないハウスメーカー
  • twitter,ブログなどで評判が良くないハウスメーカー
  • 耐震等級3じゃないハウスメーカー

です。

気密性、断熱性を明言していないハウスメーカー

まずは気密性、断熱性について明言していないハウスメーカーです。ハウスメーカーのホームページをみると

  • 高気密高断熱住宅です!
  • 暖かい家づくりをしています!
  • 快適な家です!

のように具体的な数値を言及せずに性能について紹介しているメーカーがあります。

家の断熱性、気密性をはかる数値としてUa値、Q値、C値など色々ありますが、本当に断熱性、気密性に自信がある、強みに思っているハウスメーカーはまず間違いなく数字を明言しているはずです。(少なくともUa値は)

その数字を明言せずに主観的な表現しかホームページに書いてなかったり、営業さんが言ってこないメーカーはおそらく断熱性などに強くないハウスメーカーです。

ただ、国の定める断熱等級が新たに上限が上がることもあり、現在は高気密高断熱住宅化がどんどん進んできています。これからの家は少なくとも断熱性を数字で表現できるようなハウスメーカーにすることが大切かなと思います。

断熱性に気をつかっているメーカーにする必要がありますね。

twitter,ブログなどで評判が良くないハウスメーカー

最後はtwitter、ブログなどSNSで評判がよくないハウスメーカーです。

今はいい時代になったため、twitterやInstagram、ブログでは様々なハウスメーカー施主の生の声を見ることができます。それはいわば口コミということであり、そこの生の声を事前に見ておくことが大切です。そこには

〇〇で家を建てたけど、アフターの対応が雑だった

とか

□□の営業さんは連絡が全然帰ってこない

などという生々しい意見があります。私自身発信もしつつ、様々な発信している方の情報を目にしますが、そういうマイナスな話が多いハウスメーカーというのも存在します。

明言はしませんが…

契約者の人数が増えればマイナスな口コミが増えるという側面は当然ありますが、それでもマイナスなクチコミばかりのメーカーは、やはり後悔する可能性があるため避けておいた方がいいのかな?と思います。

耐震等級3じゃないハウスメーカー

続いては耐震等級についてです。地震大国の日本では耐震性はかなり重要です。

そんな耐震等級には1から3まであり、高いほど耐震性が高いです。そして最高等級である耐震等級3では耐震等級1の1.5倍の耐震性を有しています。

日本は地震大国です。全国どこで地震が起こっても全くおかしくありません。そんな日本に住む上では耐震等級3は可能なら満たす家をしておくことが大切かなと思います。

耐震性はかなり重要だよね。

そのため耐震等級3が標準ではないハウスメーカーはできれば避けた方がいいかな?と思います。(*また、耐震等級3でも構造計算をしているメーカーであれば尚良いです。)

断熱性が低い家には我慢すれば住めますし、別に命に関わることはありませんが、耐震性が低いと命に関わってきてしまいます。そのため個人的には安心して住める住宅を作る上では耐震等級3以上は必須かなと思います。

ただ、一部メーカーは標準は3でなくても、オプションで耐震等級3にできるメーカーもあるので、そういうメーカーは別に選んでも良いと思います!

ちなみに最近の大手ハウスメーカーは耐震等級3が標準で当たり前で、特に鉄骨系のハウスメーカーは制振装置を進歩させており倒壊しないは当たり前、いかに損傷を抑えるか?を追求しています。

また、一条工務店は耐震等級1の2倍の耐震性の商品を発表していたりと、すでに耐震等級3は当たり前となりつつあります。そういう安心感が大手ハウスメーカーにはありますね。

そんな大手ハウスメーカーの耐震性を比較する上ではパンフレットを取り寄せるのが一番手っ取り早いです。

さらにいうと間違っても気になるからといって住宅展示場のアンケートで耐震性に興味があるに✅を入れないほうが良いです。

なぜなら今の大手ハウスメーカーは競うように様々な実証実験を行っており、どこのメーカーも耐震性が売りとなっています。つまりセールスポイントです。

そのため私たちのようにアンケートの興味がある項目に✅耐震性といれてしまうと、どのハウスメーカー営業さんも待ってましたとばかりに鼻息荒く耐震性がいかに自分のハウスメーカーが良いのか?を力説してくれます。

我が社の耐震性は〇〇という実験で…××という構造のため….

といった感じです。

そのため全てのハウスメーカーの展示場で似たような耐震性の話を各15分〜30分程度聞く必要がでてしまうことも(笑)これは結構めんどくさかったです。

営業さんのセールスポイントだからおんなじような内容を毎回ビデオ付きでみるのは結構苦痛だったわ..笑

そのため、そんな説明を聞くよりは各ハウスメーカーのパンフレットを取り寄せて、そこに書いてある内容で比較するのが一番簡単で楽かなと思います。

いい家づくりをする上ではしっかりとした検討は必須ですので、ぜひ比較してみてくださいね。

耐震性の高いハウスメーカーを資料請求する

ということで今回は終わりになります。

まとめ

今回は辞めておいた方がいいハウスメーカーの特徴について解説しました。

辞めておいた方がいいハウスメーカーは

  • 気密性、断熱性を明言していないハウスメーカー
  • twitter,ブログなどで評判が良くないハウスメーカー
  • 耐震等級3じゃないハウスメーカー

でした。

ハウスメーカー選びを失敗すると後で後悔することにもなりますので、今回の特徴のハウスメーカーはできれば避けておくことをオススメします!

逆にオススメなハウスメーカーは人気が高いハウスメーカーかなと思いますが、それについてはこちらでまとめました。

そのほかにも失敗しないコツなどもまとめていますのであわせてご覧ください!

最後までご覧いただきありがとうございます。私たちは自分たちも参考にしていたブログ村のランキングに参加しています!この記事が参考になったよ〜という方はぜひ下の応援をクリックよろしくお願いします😁

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる